アニメーター
職業の内容

アニメーターとはどんな職業?

アニメーターとはアニメーションの絵を描く職業です。

具体的な作業は、原作の絵コンテをもとにキャラクターの原画をつくり、動きがなめらかになるように少しずつポーズを変えたキャラクターを次々と描いていきます。

以前は、こうした工程をすべて手作業で行っており、描く枚数は膨大な数になります。しかし、近年ではコンピュータの普及により、いくつかのパターンをデジタル化することができました。

また、近年では、CGアニメも多く普及し、CGアニメの場合はすべての作業を一人のアニメーターがコンピュータで行います。

 

進路と道のり

アニメーターになるには?

まず、専門学校や美術系の大学・短大でデッサンを学びます。次に、アニメ制作会社やスタジオに就職しアニメーターとなります。

フリーで活躍する場合には、制作会社就職後、十分な経験を積み独立をします。

近年では特にCGアニメが主流となってきており、デッサンはもちろんのこと、コンピュータの知識も必要となっています。

 

給料・収入・年収の目安

アニメーターの給料と収入

アニメーターの収入は出来高制によるところが多いようです。

目安としては、1枚150円(100〜200円)ほどが相場になります。年収の目安としては、250万円前後がボリュームゾーンではないでしょうか。

ただし、ピンからキリまでの世界なのであくまで参考程度にとどめてください。



アニメーターに関連した職業

アニメーターに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す