アートディレクター
職業の内容

アートディレクターとはどんな職業?

アートディレクターとは、雑誌・新聞・ポスターなど図や写真を使った広告の表現方法を決定し、完成までの全体を指揮する職業です。

広告のプランに基づいて、モデル、カメラマン、イラストレーターなどを決め、適切な指示を与え、広告を完成へと導きます。

アートディレクターは基本的に広告の総指揮を行いますが、人によっては、イラストを描いたり、デザインをしたりする人もいます。

 

なり方

アートディレクターになるには?

美術系・デザイン系の専門学校など(大学、短大含む)を卒業し、広告代理店やデザイン事務所などに就職します。ここでしばらくグラフィックデザイナーとしての経験を積みます。

経験を積んだ後は、センスと才能によりますが、うまく認められればディレクターになれます。

フリーの場合も同様にデザイナー経験を積んだ後、独立をします。

いずれにしろ、アートディレクターになるには、グラフィックデザイナーとしての経験が必要条件で、その後はセンスや才能によるものが大きいといえます。

 

給料・収入・年収の目安

アートディレクターの給料・収入は?

給料・収入は、仕事内容、ディレクターとしての知名度により大きく異なります。

相場としては、年収300〜600万円前後がボリュームゾーンと言えるでしょう。



関連職業

アートディレクターに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す