美術スタッフ
職業の内容

美術スタッフとはどんな職業?

美術スタッフとは、テレビや映画、演劇で視覚的な仕組みを担当する仕事です。

美術スタッフはおおまかに大道具、小道具、特殊効果に分けられます。大道具は舞台の町並みやテレビ番組のセットなど、小道具は持ち運びができる道具(壁紙、テーブルなど)を、特殊効果は雨や雪を降らせたりなど特殊な仕掛けを担当します。

その他に、持道具、衣装、カツラ、メイク、背景装飾、電飾、アクリル装飾、生花、造花など多くのスタッフが存在します。

 

進路と道のり

美術スタッフになるには?

美術スタッフになるには、美術系の大学や短大、専門学校などで基礎を学び、美術製作会社やテレビ局、映画制作会社などに入社をしてアシスタントから経験を積みます。

有名な美術プランナーや美術担当者に弟子入りすることも一つの手段です。

 

給料・収入・年収の目安

美術スタッフの給料と収入

美術スタッフの収入は所属している制作会社やテレビ局からの給料によります。

相場としては年収250〜600万円程度と言われています。一般にテレビ局のほうが美術製作会社や映画制作会社に比べ給料は高いようです。



美術スタッフに関連した職業

美術スタッフに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す