コラムニスト
職業の内容

コラムニストとはどんな職業?

コラムニストとはコラムを書く職業の人を言います。

一般にコラムとは、新聞や雑誌などにコーナーとして設けられた短い記事で、その新聞や雑誌に合った内容を掲載します。

コーナーは小スペースのものが多いため、限られた字数制限の中、読む人の注意を引く面白い話題を簡潔な文章にまとめます。

 

進路と道のり

コラムニストになるには?

特に必要な資格はありません。一般的には、大学や短大・専門学校を卒業し、出版社、編集プロダクション、新聞社などに記者として勤務します。記者として経験を積んだ後に、コラムニストとして独立します。

ただし、この他にも様々なルートがあり、フリーライターの傍らコラムを執筆したり、芸能人として活躍しながら記事の依頼を受けるケースもあります。

また、最近ではジャーナリスト養成スクールやエディタスクールなどもあるので、そこで文章力の基礎を養うのも良いかもしれません。

 

給料・収入・年収の目安

コラムニストの給料と収入

コラムニストの収入は、出版社や新聞社に勤務する場合給料として支給されます。また、フリーで活躍する場合は掲載されたコラムの原稿料が収入源となります。

参考までに、06年の記者の平均年収を掲載しておきます。

 

  • 記者平均年収:816万円(統計:2006厚生労働省)



コラムニストに関連した職業

コラムニストに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す