コピーライター
職業の内容

コピーライターとはどんな職業?

コピーライターとは広告や商品(雑誌や新聞、テレビCM、ポスターなど)におけるキャッチコピー(宣伝文)をつくる人のことを言います。

広告や商品を人々の目に留まらせるために、斬新で印象強いキャッチコピーを考えなくてななりません。コピーライターはそうしたキャッチコピーを数多く考え、最終的に一つのキャッチコピーに絞り込みます。

さらに、コピーライターは広告や商品の売り込み文句を考えるため、その広告や商品のコンセプトを深く理解する必要があり、読解力や高い企画力も要求されます。

 

進路と道のり

コピーライターになるには?

主に大学や短大、専門学校などで言葉や文章の勉強をし、広告代理店、広告制作会社に就職して宣伝部に所属。そこで働きながら経験を積み、コピーライターとなっていきます。

もしくは、美術系の専門学校で基礎を勉強し、広告会社に就職するのも良いでしょう。

また、日常から文章を数読み、それを簡潔に印象強くまとめる訓練を積んで必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

コピーライターの給料と収入

広告代理店や広告制作会社で働く場合は、会社の給料が収入となります。

参考までに06年の主な広告代理店の平均年収を掲載しておきます。

  • 電通 1,334万円
  • 博報堂DY 1,370万円
  • アサツー ディ・ケイ 833万円
  • サイバーエージェント 541万円
  • デジタルアドバタイジング・コンソーシアム 506万円
  • オプト 476万円
  • サーバー・コミュニケーションズ 451万円
  • (統計:各社有価証券報告書2007)
コピーライターに関連した職業

コピーライターに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す