伝統工芸家
職業の内容

伝統工芸家とはどんな職業?

伝統工芸家とは、全国各地で受け継がれている伝統工芸品をつくる職人のことを言います。

日本の伝統工芸品には、染物、和紙、漆器、織物など様々な品目があります。昔は日用品とされ、使われていたものばかりですが、今では芸術品とされているものが多いようです。

 

進路と道のり

伝統工芸家になるには?

各地の工芸品の達人に直接弟子入りするのがベストです。伝統工芸品はほとんどが手作りで、技術を身につけるにはかなりの時間がかかります。そのことを覚悟した上で弟子入りをしましょう。

ちなみに、経験が12年以上になれば、伝統工芸士の資格試験を受けることができます。

 

給料・収入・年収の目安

伝統工芸家の給料と収入

伝統工芸家の収入は扱っている工芸品によってことなり、職人の経験、技術によって大きく左右されます。

ただし、一部の国宝級の工芸家を除いては、高収入を望める仕事ではありません。お金目当ての人は、この仕事はあきらめたほうが良いでしょう。



伝統工芸家に関連した職業

伝統工芸家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す