童話作家
職業の内容

童話作家とはどんな職業?

童話作家とは、主に子供向けの物語を書く職業の人を言います。

昔話や、伝説、SFやファンタジー、家族の愛情、友情など様々な切り口やテーマで物語を展開します。

最近では、子供向けに書かれた童話が大人の読み物としてベストセラーになったりもします。

 

進路と道のり

童話作家になるには?

童話作家になるのにきまった方法はありません。一般的には、書いた作品を出版社やコンクールに応募して採用を待ちます。

見事、作品が採用され、出版社の依頼が来てはじめて、童話作家としてデビューすることができます。

童話作家として活躍するには、作家並の文学的な知識と教養に加え、子供の心を感動させる豊かな感性が必要となります。

 

給料・収入・年収の目安

童話作家の給料と収入

童話作家の主な収入源は、出版した童話の印税収入になります。

執筆した童話が大ヒットすればかなりの印税になりますが、なかなかうまい具合にはいきません。そうした意味で収入は不安定と言えるでしょう。

ちなみに、作家の印税の相場は10%前後とされていて、印税は出版部数(売上数ではなく)によります。



童話作家に関連した職業

童話作家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す