絵本作家
職業の内容

絵本作家とはどんな職業?

絵本作家とは絵本を描く職業です。

以前は、絵本といえば子供向けのものが多くありましたが、近年では若い女性や一般の大人向けに作られた絵本もあります。

絵本作家は絵本の構成(絵のタッチや文章の割合など)を考えて、作品の隅々にまで気を配らなくてはなりません。人の心を動かすストーリー、かわいらしいイラストなど感動を与えることが絵本作りのポイントとなります。

 

進路と道のり

絵本作家になるには?

美術系の専門学校や大学・短大などで絵の基本を学びます。ただし、こうした学校ではデッサンの基本を学ぶにとどまり、絵本の基礎を身につけるには及びません。結局、絵本作家を志す場合は、最終的には独学になります。

また、イラストレーターのように決まった就職先もないため、学校を卒業したのちは、出版社に作品を売り込んだり、コンクールに応募したりと積極的なアピールによる売り込むしかありません。

こうした過程を経て編集者に認められ、絵本作家として活躍することができます。

 

給料・収入・年収の目安

絵本作家の給料と収入

出版社勤務の場合、月収16万円ほどですが、多くの絵本作家はフリーとして活躍しています。

フリーの場合、収入源は本の印税、雑誌の掲載料などになります。

したがって、本の売り上げによって収入が大きく左右されます。絵本作家として売れるまで、イラストレーターなどを兼任して生活をつなぎ留めます。



絵本作家に関連した職業

絵本作家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す