映画監督
職業の内容

映画監督の仕事とは?

映画監督の仕事は、ある一つのテーマを1本の映画にまとめる作業を行います。

具体的には、撮影前に撮影場所や衣装などについてスタッフと話し合い準備をしたり、撮影中はスタッフに指示を出しながら出演者に演技指導をしたりします。

撮影終了後もフイルムの編集、音楽・効果音の録音立ち会いなどを行います。基本的に映画のはじめから最後まですべてに目を光らせ、すべてに関与し指揮をとる仕事です。

ちなみに、脚本の依頼、出演者やスタッフの選択などはプロデューサーが行います。しかし、中にはこうした人選も全て行う映画監督もいます。

 

進路と道のり

映画監督になるには?

大学の映像学科や専門学校で勉強したのち映画製作会社や制作プロダクションに入りアシスタント、助監督を経験します。

こうして何本かの映画に携わりながら、運よくヒット作が出ればその名が注目されます。

また、自主制作で作品を作り、コンクールで受賞され名が知られ、映画監督になるケースもあります。

いずれにせよ、映画監督を目指す場合は、ヒット作に恵まれる必要があり、名が知られれば独立して事務所を構えるのも夢ではありません。

 

給料・収入・年収の目安

映画監督の給料と収入

映画監督の年収は撮った映画の収益が反映され、年収となります。(年1、2本が目安)

ですので作品の収益により、ピンからキリまでになります。職業として維持するには、名前が知れ渡ること、何本かのヒット作、話題作を作ることが必要条件になります。

映画監督を名乗り職業にすることは簡単ですが、ヒット作、話題作を常に作り続けることは容易ではありません。



映画監督に関連した職業

映画監督に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す