演出家
職業の内容

演出家とはどんな仕事?

演出家とはドラマや映画、舞台などで台本をもとに効果的な演出プランを考えて、そのイメージをスタッフや俳優に伝え、ストーリーを作り上げる仕事です。

映画やドラマにおける演出の総責任者とも言えます。映画やドラマを成功させる要因として演出は重要な役割を果たします。また、共演者はじめ様々なスタッフをまとめあげる必要があるため、強力なリーダーシップが必要になります。

さらに、演出家の中には、脚本を自分で書く人もいます。

 

進路と道のり

演出家になるには?

演出家になるには様々な方法がありますが、一般的なのが大学や演劇系の専門学校で演劇理論を学び、その合間に演劇部もしくは劇団に所属して演出経験を積みます。

そこから自分の劇団を作る人もいれば、コンクールなどで受賞することで有名になるきっかけを作ります。

 

給料・収入・年収の目安

演出家の給料と収入

演出家の年収はピンからキリまでです。年収0の人もいれば1,000万円を超える有名演出家もいます。

演出家として有名になり、その道で食べていくには相当の時間を要することでしょう。したがって、有名になるまでは著作活動や演出学校の講師、その他アルバイトなどで副収入を得て生活をつなぎ留めます。



演出家に関連した職業

演出家に関連した職業

  • シナリオライター(脚本家)
  • 放送作家
  • 映画監督
  • 映像編集者
  • 照明スタッフ
  • 美術スタッフ
  • コピーライター
  • エッセイスト
  • シンガーソングライター
  • ノンフィクション作家


<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す