画家
職業の内容

画家とはどんな職業?

画家とは、絵画を描きそれを売ることで収入を得る職業のことです。

画家は自分の心にある気持ちや感情、または見たものを絵画として表現することで一つの作品に仕上げます。

一般的には、描いた絵を公募展(だれでも応募できる展覧会)に出展して受賞を目指します。

 

進路と道のり

画家になるには?

画家になるには決まった道はありません。さまざまなルートがありますが、一般的には公募展で入賞し、その他さまざまな展覧会で受賞経験を積んで画家として活躍します。

完全に芸術の世界ですので、これといった正攻法はありません。ただし、美術系の大学や短大、専門学校などでデッサンの基礎を学ぶことは必要だと言えるでしょう。

また、展覧会で受賞を重ねると美術団体の会員になることができます。会員になることで絵の依頼も来て、画家として認められるようになります。

 

給料・収入・年収の目安

画家の給料と収入

画家の収入源は自分の描いた作品を売ることによります。当然のことながら、画家としての知名度、作品の評価がなければ絵は高値で売れません。

現実的に画家として生きていくためには、他の職業(例えば、イラストレーターやグラフィックデザイナー、絵本作家など)で副収入を得ながら、作品をつくり続けることになります。



画家に関連した職業

画家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す