画商
職業の内容

画商とはどんな職業?

画商とは、ギャラリストとも呼ばれ、画廊やギャラリーの経営及び芸術品の販売を行う職業のことです。

具体的には、芸術品を収集して展示したり、顧客の望む芸術品を探し求めて入手したりします。

 

進路と道のり

画商になるには?

美術系の大学や短大、専門学校で美術の基礎を学び、卒業後、画廊やギャラリーで働きます。そこで長年にわたり経験を積み、美術品鑑定力を養います。その後開業し、画商として活躍します。

画商になるのに特別な資格はありませんが、本物の美術品に数多く触れ、その鑑定力を磨く修業は不可欠です。

一人前の画商になるには、長い年月を要することでしょう。

 

給料・収入・年収の目安

画商の給料と収入

統計的なデータがあがっていないので不明ですが、政財界等のパイプがない限り、収入的には厳しいようです。



画商に関連した職業

画商に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す