花火師
職業の内容

花火師とはどんな職業?

花火師とは、花火をデザインしてつくり、花火大会などで実際に打ち上げを行う仕事を言います。

花火師の醍醐味は、どのようなデザインにするかあれこれ構想を練ることと、実際にデザインした花火がきれいに打ちあがった時です。

ちなみに、日本の花火の技術はレベルが高いと評され、一般的な打ち上げ花火の相場(一発あたり)は、3号玉が約3,400円、5号玉が約1万円、10号玉が約6万円、20号玉が約55万円となっているようです。

 

進路と道のり

花火師になるには?

一般には、花火会社に就職をして知識や技術を学びます。花火師としての技術が認められれば、「煙火打揚従業者手帳」を取得できます。この手帳を手にしてはじめて、プロとして認められます。

最近では、花火会社の募集が少ないため就職が困難かもしれません。どうしても入社できない場合は、花火大会の手伝いをして、顔知ってもらい接点を作ることからはじめてみましょう。

 

給料・収入・年収の目安

花火師の給料と収入

花火師の収入は所属花火会社の給料によります。



花火師に関連した職業

花火師に関連した職業

  • 直接的に関連している職業はありません。


<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す