翻訳家
職業の内容

翻訳家とはどんな職業?

翻訳家とは、外国の小説や専門誌、雑誌記事などを日本語の文章に訳す職業のことを言います。

単に、外国語を日本語に訳すだけではなく、作品の持つ雰囲気までを適切な日本語で表現します。翻訳家は英語のみならず様々な国の外国語を翻訳し、かつジャンルも医学、科学、コンピュータなど多岐にわたります。

自宅や事務所にパソコンを置いて、フリーで活躍する人が多いようです。

 

進路と道のり

翻訳家になるには?

外国語系の大学や短大、専門学校で語学の基礎、翻訳家養成スクールで翻訳の基礎を学びます。学校卒業後は、出版社に売り込んだり、コンクールに応募したりして採用を待ちます。

見事採用されて、晴れて翻訳家として活躍できます。

学生の時は、英語は必須といえます。また、外国語の勉強のみならず、表現する日本語も上達させておくと良いでしょう。インプットは外国語、アウトプットは日本語ですので両方の言語に精通している必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

翻訳家の給料と収入

翻訳家の収入源は翻訳料金によります。翻訳料金は出来高制、原語カウント制をとっているところが多いようです。つまり、原稿用紙(400字)の枚数×単価、外国語の単語数×単価となります。

翻訳家の技量にもよりますが、目安として原稿用紙1枚(400字)あたり1,000円〜3,500円、原文1ワードあたり7〜35円くらいが相場となります。



翻訳家に関連した職業

翻訳家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す