イラストレーター
職業の内容

イラストレーターとはどんな職業?

イラストレーターとは、本や雑誌、ポスター、新聞などに商品やキャラクター、イメージを描く仕事です。

具体的には、出版社や新聞社、広告代理店などから依頼を受けて、記事や広告のイメージに合ったイラストを描きます。

イラストレーターは単にイラストを描くだけでなく、文章や広告に合ったイメージを具体化する創造力が必要になります。また、依頼された文章を正確に把握する読解力、依頼主のイメージを正確にくみ取るコミュニケーション能力も必要となります。

 

進路と道のり

イラストレーターになるには?

デザイン・美術系の大学や専門学校に入り、デッサンの基礎を学びます。次に、デザイン事務所のイラスト部門やイラストレーターの事務所でアシスタントをして経験を積みます。

経験を積み人脈もできたら独立してプロのイラストレーターとなります。

プロを目指す人は多く競争も激しい世界ですので、独立後も出版社への売り込み、コンクールへの応募などは欠かさないようにしましょう。

 

給料・収入・年収の目安

イラストレーターの給料と収入

イラストレーターの給料はピンからキリまでです。出版社などから報酬として貰えるわけですが、知名度、イラストの枚数、掲載されるものによって様々です。



イラストレーターに関連した職業

イラストレーターに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す