助監督
職業の内容

助監督とはどんな職業?

助監督とは、映画監督の補佐や補助をする職業のことです。

1本の映画を撮影するには監督の下にチーフ、セカンド、サード、フォースといった3〜5名の助監督がつき、仕事をします。

具体的には、カット割りやキャスト人選の手伝い、各部署への連絡、スケジュール作成などを行います。

 

進路と道のり

助監督になるには?

大学の映像学科や専門学校で勉強したのち、映画製作会社や制作プロダクションに入ります。入社後、アシスタントを経験したのちに、助監督として活躍します。

以前は、アシスタント、助監督、監督と段階を経るケースが多かったのですが、近年では助監督を経験せず、いきなり監督になる人も珍しくありません。

特に最近は、助監督は監督になるための修業的な仕事ではなく、監督を補佐する1つの職業としての傾向が強くなっているようです。

 

給料・収入・年収の目安

助監督の給料と収入

映画会社や制作会社に勤務している場合は、勤務先の給料により異なります。

具体的な数字は分かりませんが、作品がヒットしない限り、収入的にかなり厳しいことは間違いありません。



助監督に関連した職業

助監督に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す