華道家
職業の内容

華道家とはどんな職業?

華道家とは日本の伝統芸術である花をいける人のことを指します。フラワーアーティスト、いけばな作家とも言われます。

生け花は、昔からある日本の伝統芸術の一つで、季節の花を花の器や生ける場所に合わせて美しくいけます。

華道家になればホテルや銀行、ホールのロビー、旅館や料亭の床の間、オフィスのエントランスなどに花をいけに行くこともあります。

生け花には様々な流派があり、池坊(いけのぼう)、草月流、古流などが有名です。

 

進路と道のり

華道家になるには?

華道家になるには、それぞれの流派の師範に弟子入りをして生け花を習います。弟子入りが一般的ですが、流派によっては専門学校で勉強できるものもあります。

弟子入りをして通常5〜10年ほど修行をすると師範の免許をとることができます。師範になれば弟子をとって教えることができるほか、講演会や専門学校で講師として活躍することができます。

 

給料・収入・年収の目安

華道家の給料と収入

華道家の収入源は師範としての月謝収入が主になります。したがって、華道家として名が通っていれば弟子が多く集い、月謝収入も上がります。

華道家として名を通すにはコンクールでの受賞が近道と言えます。受賞を重ねると実力が広く一般に知れ渡り、講演依頼や生け花の依頼などが増え、月謝収入以外の副収入が増えます。



華道家に関連した職業

華道家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す