漫画家
職業の内容

漫画家とはどんな職業?

漫画家とは漫画を描く職業の人を言います。

具体的な仕事の内容は、ストーリーを考えて下書き、ペン入れ、彩色の作業を行います。多くの漫画家は一人でこの工程を担当しますが、アシスタントを雇って分担して行うこともあります。

漫画家にとって一番の悩みは「ネタ」。アイディアが思い浮かばないと、締め切りのプレッシャーもあり、地獄を見る思いをすることもあります。

 

進路と道のり

漫画家になるには?

漫画家になるには決まった道はありません。ただ、一般的に美術系の大学や短大、専門学校でデッサンを学んだり、漫画やアニメ専門スクールに通いマンガの基礎を身につけます。

また、有名な漫画家のアシスタントとして経験を重ねるケースもあります。

自分の作品を出版社やコンクールに応募して採用を待ちます。見事採用されたら漫画家としてデビューできますが、そこから売れて単行本化されてはじめて一人前となります。

漫画家志望者は多数いますが、単行本化される漫画家はほんの一握りです。

 

給料・収入・年収の目安

漫画家の給料と収入

漫画家の収入はその漫画家の作品の売り上げ、人気に大きく左右します。

基本的に、漫画家の収入源は、掲載している雑誌・新聞の原稿料、単行本化されたコミックの印税となります。

ちなみに印税の場合、出版部数の10%前後が相場とされています。



漫画家に関連した職業

漫画家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す