木彫刻師
職業の内容

木彫刻師とはどんな職業?

木彫刻師とは、木を用いた彫刻を行う芸術家のことです。

木彫刻の工程は、彫る、磨く、彩色する、燻す、仕上げるに大別され、スギやヒノキ、キリなど作品に応じた材木を用います。

 

進路と道のり

木彫刻師になるには?

希望する木彫刻師に弟子入りするのが一般的です。弟子入りし、雑用をこなしながら彫刻の技術を磨いていきます。

また、富山県には職業訓練法人井波彫刻工芸協会が主催する訓練学校があります。ここで基礎をじっくりと学ぶのも良いかもしれません。

 

給料・収入・年収の目安

木彫刻師の給料と収入

芸術家全般に言えますが、収入はピンキリになります。

一般には美術教師や講師を兼任して生計を立てています。



木彫刻師に関連した職業

木彫刻師に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す