音楽プロデューサー
職業の内容

音楽プロデューサーとはどんな職業?

音楽プロデューサーとはCDの企画から発売まですべての工程での総責任者を指します。

具体的には、歌手のキャラクターに合わせた曲の方向性や売り方、CDやライブ活動などの宣伝、キャンペーンの指示、アーティストと一緒にアルバムに入れる曲を決めたりなど、所属アーティストの音楽活動全般に係わります。

最新の流行をとらえ、所属アーティストをいかに売れるようにするかを考えるのが音楽プロデューサーの仕事です。

 

進路と道のり

音楽プロデューサーになるには?

大学や音楽系の専門学校を卒業後、レコード会社に就職。そこで制作部に配属されディレクターなどの経験を積み、音楽プロデューサーとして活躍します。

しかし、通常は、レコード会社に就職してもいきなり制作部門に配属されるとは限りません。まずは、営業などの部署で下積みを経験することになるのが一般的です。

 

給料・収入・年収の目安

音楽プロデューサーの給料と収入

収入はピンからキリまです。所属アーティストが大ヒットすれば他の社員よりも高い報酬を得ることができますし、鳴かず飛ばずの場合、当然、収入も少なくなります。

結局のところ、所属アーティストのヒットに頼る部分がありますので、アーティストをいかにセールスをしていくか、売れるプロモーションをしていくのかがポイントになります。



音楽プロデューサーに関連した職業

音楽プロデューサーに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す