作曲家
職業の内容

作曲家とはどんな職業?

作曲家とは、アーティストの曲をつくる人を言います。

具体的には、アーティストや作詞家、レコード会社の人たちと打ち合わせをして曲のイメージを捉えて作曲します。近年ではコンピュータやパソコンを用いて作曲する人も増えてきており、ミュージシャン自身やそのグループの一員が作曲活動を行うこともあります。

 

進路と道のり

作曲家になるには?

作曲家になるのに王道はありません。一般的には曲を録音したテープをレコード会社に持ち込みをしたり、コンクールに応募したりして採用を待ちます。

作曲をするには楽器の演奏が不可欠になるため、最低1つ以上の楽器が演奏できることが条件となります。メロディによって合う楽器、合わない楽器がありますので、いくつかの楽器を演奏できることが望ましいでしょう。

また、作曲はひらめきによるものが大きいので、いいメロディを思いついたらテープに残してべきです。

依頼主から様々なイメージの曲を要求されることが多いので、日頃から思いついたメロディをテープに残しておき、曲のストックを増やしておく努力が必要になります。

 

給料・収入・年収の目安

作曲家の給料と収入

作曲家の収入源は手がけたCDの印税によります。CDの売り上げは基本的にレコード会社、作曲家、作詞家で分配されますが、その比率は契約によって異なります。

著名な作曲家であれば当然にその比率は高くなります。多くの印税を手にするには作曲家として知名度を上げる努力が必要になります。

作曲家として名が広がれば依頼も多くなり、さらに印税が増えるという好循環に恵まれます。



作曲家に関連した職業

作曲家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す