作詞家
職業の内容

作詞家とはどんな職業?

作詞家とは、曲の歌詞をつくる職業のことを言います。

作詞家はレコード会社などの依頼により歌詞を作りますが、そのジャンルはポップスやロック、CMソング、童謡、演歌など多岐にわたります。

具体的には依頼主、作曲家、アーティストの要望を取り入れながら作詞を行います。曲が完成するには、歌詞が先に出来る「詞先」と出来上がった曲に歌詞をつける「曲先」があります。

 

進路と道のり

作詞家になるには?

作詞家はフリーでする仕事のため、これといった道のりはありません。一般的には、作詞家養成講座などで基礎を勉強して独立します。

独立後、レコード会社や音楽出版社などに作品を送ったり、コンクールに応募したりして採用を待ちます。

作詞家には依頼主からの曲テーマの要望があることが多いので、日常的に詞を書く訓練を積み、どんなジャンルでも対応できるように、言葉のストックをしておく必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

作詞家の給料と収入

作詞家のおもな収入はCD発売による印税となります。CDの売り上げは基本的にレコード会社、作曲家、作詞家で分配されますが、その比率は契約によって異なります。

著名な作詞家であれば当然にその比率は高くなりますので、多くの印税を手にするには作詞家として名を広める必要があります。

作詞家として名が広がれば依頼も多くなり、さらに印税が増えるという好循環に恵まれます。



作詞家に関連した職業

作詞家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す