照明スタッフ
職業の内容

照明スタッフとはどんな職業?

照明スタッフとは、映画、TV番組、舞台、ライブなどで登場人物やセットにライトを当てて雰囲気作りをする仕事です。

具体的には、ディレクター、映画監督、演出家の演出意図に従い、照明方法を考えて器具を操作します。

舞台や脚本のジャンルによって照明の技術や方法は異なります。

 

進路と道のり

照明スタッフになるには?

映像系、芸術系の専門学校などで照明についての基礎を学びます。卒業後、映画やドラマ、舞台など自分が希望するジャンルの照明専門会社や制作会社に入ります。

そこで、アシスタントの仕事をしながら経験を経て照明スタッフとして活躍します。

 

給料・収入・年収の目安

照明スタッフの給料と収入

照明スタッフの収入は勤務する会社の給料によります。アルバイトの場合は時給1,000円前後、新人で月収15万円前後、経験を積んで30歳くらいで300〜500万円くらいが相場とされています。

TV局に勤務している場合は、もう少し高い水準になります。



照明スタッフに関連した職業

照明スタッフに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す