指揮者
職業の内容

指揮者とはどんな職業?

指揮者とはオーケストラや合唱団の指揮をする者を言います。

演奏や合唱を一つにまとめるのが指揮者の仕事で、演奏の全体の構成やメリハリを演出します。具体的には、練習時から立ち会って、曲のテンポや音の強弱、間の取り方など、楽器一つ一つ、メンバー一人一人に細かく指示を出します。

 

進路と道のり

指揮者になるには?

まずは早いうちに楽器をマスターすることです。ピアノやバイオリン、チェロなど様々な楽器の特性を知る必要があるからです。

楽器をマスターしたのち、有名な指揮者の弟子入りをします。それから国内外の指揮科がある音楽学校で本格的に学びます。

こうして、何年も下積みを経験し、ようやく一人前の指揮者としてステージに立てます。さらに、指揮者として生計を立てる場合は、コンクールなどの受賞経験を重ね、名を広めなければなりません。

 

給料・収入・年収の目安

指揮者の給料と収入

他の芸術関連の職業と同様、指揮者の収入も大きな幅があります。統計的なものはありませんが、国内の代表的な指揮者の年収は500〜2,500万円ほどと言われています。

指揮者としての純粋な収益は講演の出演料となりますが、無料のチャリティコンサートで指揮をとることもあります。

指揮者として名が通っていれば、出演料以外に講演やレッスン料、取材料などの副収入もかなりのものになるでしょう。

ただし全ては指揮者として有名になればの話。当然のことばがら、こうした有名な指揮者になるまでには長い道のりと才能を要します。



指揮者に関連した職業

指揮者に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す