職業ラボTOP芸術・創造・執筆関係の職業シンガーソングライター
シンガーソングライター
職業の内容

シンガーソングライターとはどんな職業?

シンガーソングライターとは、自らが作詞・作曲をした曲を自ら歌う人のことを言います。

自ら作詞・作曲が基本ですが、自ら作曲して(作詞は行わず)自ら歌う人もシンガーソングライターと言われたりします。

中には、ギターやピアノを伴奏しながら歌う人もいます。

 

進路と道のり

シンガーソングライターになるには?

シンガーソングライターになるには、とにかく楽器が演奏できなければなりません。音楽学校やギター教室、ピアノ教室などに通って、音楽の基礎から勉強するのがおすすめです。

基礎が出来上がり、自分で曲を作詞・作曲したら、コンクールに応募したり、オーディションに参加します。そこで、受賞されたり評価を受けたら、スカウトされます。その後、音楽制作会社、レコード会社からデビューをし、シンガーソングライターとして活躍します。

 

給料・収入・年収の目安

シンガーソングライターの給料と収入

シンガーソングライターの主な収入源は、作詞作曲の印税、TV・雑誌・ラジオなどの出演料が主になります。また、プロダクションに所属する場合は月給制か歩合制となり、月給の場合売上にかかわらず一定、歩合制の場合売上に比例して収入が増えます。

一般の歌手との違いは、作詞作曲の印税が入る点です。

通常CDの売上はレコード会社、作曲家、作詞家で分配されるので、ヒットをすればするほどシンガーソングライターの取り分が大きくなり、高収入が期待できます。



シンガーソングライターに関連した職業

シンガーソングライターに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す