装丁家
職業の内容

装丁家とはどんな職業?

装丁家とは、本の表紙やブックカバー、帯などの外観のデザインや体裁を考える人のことです。

いかに本を魅力あるものにするか、売れるものにするかを考えるセンスを要します。場合によっては、背表紙の布やしおりの紐、本文の文字の大きさを手がけることもあります。

 

進路と道のり

装丁家になるには?

美術系の大学や短大、専門学校でデザインの基礎を学びます。学校を卒業後、装丁を請け負っているデザイン事務所や編集プロダクションに入社し、経験を積み、装丁家として活躍します。

また、学校を卒業後、プロの装丁家のアシスタントとして経験を積む方法もあります。

 

給料・収入・年収の目安

装丁家の給料と収入

装丁家の多くはグラフィックデザイナーやイラストレーターの仕事を兼任しています。

目安としては、年収100〜400万円ほどですが、人気装丁家になれば1,000万円を超えることもあります。

全ては装丁家としての実力とセンス次第になります。



装丁家に関連した職業

装丁家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す