写真家
職業の内容

写真家とはどんな職業?

写真家とは、フォトグラファーとも呼ばれ、写真を撮ることを職業としている人のことです。

単に写真家といっても、新聞・雑誌に載せる写真を撮る報道写真家、スポーツを撮るスポーツ写真家、雑誌のグラビアや広告の写真を撮る広告専門写真家、建築物を撮る建築専門写真家、水中を撮る水中写真家など多岐にわたります。

 

進路と道のり

写真家になるには?

写真学科のある大学や短大、専門学校を卒業後、新聞社や出版社、撮影スタジオなどに就職します。アシスタント経験を経て写真家として活躍します。

また、プロの写真家の弟子として入門し、技術を磨く方法もあります。

いずれにせよ、上記で述べたように写真家にはそれぞれの専門分野があります。専門分野により必要な技術も異なりますので、早めに自分の専門分野を確立しておくこと必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

写真家の給料と収入

出版社や撮影スタジオに勤務している場合は、収入は勤務先の給料によります。

フリーの場合、商品カタログやモデルの撮影、雑誌撮影、卒業式や入学式などの撮影が主な収入源になります。正式な収入の公表がないため正確な値はわかりませんが、平均して年収200〜600万円くらいが相場とされています。



写真家に関連した職業

写真家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す