書道家
職業の内容

書道家とはどんな職業?

書道家とは「書」を職業とする人のことを言います。

一般に書道は毛筆で書かれた作品のことを指し、その作品により生計を立てている人を書道家と言います。

有名な書道家になれば作品を絵画のように販売したり、作品集として本を出版したり、展覧会で作品を発表したりできます。

しかし、こうした作品が売れる書道家はまれで、多くの書道家は書道教室の先生として学校、地域、自宅の教室で書を教えています。

 

進路と道のり

書道家になるには?

書の道を究める場合は、書道の先生に弟子入りをして指導を受けます。しかし、著名な先生には弟子も多く、弟子入りすら難しい場合があります。

書道の先生として活躍する場合は、各書道団体の検定や日本書写技能検定協会が行う毛筆書写1級を目指すのが良いかもしれません。

いずれにせよ、基礎ができていない場合は専門学校や書道教室で腕を磨く必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

書道家の給料と収入

書道家の主な収入は、作品の売り上げ、講師としての月謝収入となります。

作品を売り、そこから十分な収入を得るにはよほどの有名書道家でなければ不可能です。一般的には、講師としての月謝収入が主な収入源となります。

有名書道家でない場合、月謝は一人当たり/月4,000円〜7,000円くらいが相場となっています。



書道家に関連した職業

書道家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す