小説家
職業の内容

小説家とはどんな職業?

小説家とは、小説を書く職業の人を言います。

具体的には、書きたいテーマを考え、それに沿った取材や下調べを行います。その後、文章の構成を考え、想像した情景を文章として落とし込みます。

単に小説家と言ってもそのジャンルは多彩で、恋愛、歴史、推理小説、ミステリー、ホラーなど多岐にわたります。また、出版社などからテーマを依頼されてそれに沿った小説を書くこともあります。

 

進路と道のり

小説家になるには?

小説家になるには、とにかく文章を読んだり書いたりする訓練を続けることです。特に、他の作家が書いた本の多読は勉強になります。

こうした訓練を積み、作品を仕上げます。出来上がった作品をコンクールや出版社に応募して採用を待ちます。

見事、賞を受賞したり、出版社に採用されてはじめて小説家としてのスタートを切ります。

 

給料・収入・年収の目安

小説家の給料と収入

小説家のおもな収入は出版した本の印税、雑誌や新聞掲載の原稿料となります。

印税の場合、本の定価の10%くらいが相場とされています。ちなみに印税として入ってくる額は出版部数に応じてになります。したがって、何冊売れようが著者の受け取る印税は出版部数によります。

本がヒットし、売れるようになると初版から2版、3版と出版部数が増えていきます。

原稿料の場合、作家の知名度や雑誌・新聞の売れ筋により異なります。

目安としては、新人で原稿用紙1枚あたり1,000〜2,000円、有名な作家ですと2万円にもなります。



小説家に関連した職業

小説家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す