職業ラボTOP芸術・創造・執筆関係の職業特殊メイクアップアーティスト
特殊メイクアップアーティスト
職業の内容

特殊メイクアップアーティストとはどんな職業?

特殊メイクアップアーティストとは、特殊メイクを施す仕事のことです。

特殊メイクとは映画や演劇、テレビ難組などで俳優の顔に様々な人工物を付けて別の顔に作りあげる技術のことです。

例えば、化粧品や石膏、シリコン、薬品などいろいろな素材を使って、キズあとや怪物、宇宙人などに仕上げます。

本場はアメリカで、SF映画、ホラー映画などに多用されます。

 

進路と道のり

特殊メイクアップアーティストになるには?

美術系の大学や短大、専門学校などで基礎を学び、美術製作会社やテレビ番組・映画製作会社などでアシスタントからはじめます。

有名な美術監督や美術プランナーに弟子入りしたり、本場のアメリカに留学して学ぶ方法もあります。

 

給料・収入・年収の目安

特殊メイクアップアーティストの給料と収入

特殊メイクアップアーティストの収入はメイクアップアーティストの収入と同じくらいです。

メイクアップ専門のプロダクションの場合、平均が20〜30万円、新人の場合は15万円くらいからのスタートとなります。



特殊メイクアップアーティストに関連した職業

特殊メイクアップアーティストに関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す