陶芸家
職業の内容

陶芸家とはどんな職業?

陶芸家とは粘土や花瓶、つぼ、皿などから陶芸をつくる職人のことを言います。

具体的には、土をこね、轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら両手で皿やつぼの形をつくっていきます。形ができたら窯焼きなどの工程を経て、最終的に陶芸品が出来上がります。

何回も焼き直しをし、納得のいく作品ができるまで数か月かかることもあります。

 

進路と道のり

陶芸家になるには?

美術学校や専門学校で基礎を勉強したり、直接、達人に弟子入りをして陶芸も学びます。

陶芸家として自分の作品を焼くまでにかなりの年月を要します。「土こね3年ろくろ8年」と言われるほどプロとしての技術を身につけるのは大変なことなのです。

 

給料・収入・年収の目安

陶芸家の給料と収入

すべては陶芸家の有名度、作品の出来に左右されます。



陶芸家に関連した職業

陶芸家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す