彫刻家
職業の内容

彫刻家とはどんな職業?

彫刻家とは、職業として彫刻を行い、作品を仕上げる人のことを言います。

彫刻家の多くは作品のみで生計立てることは難しく、美術学校の教師や講師を兼任しています。

 

進路と道のり

彫刻家になるには?

美術大学や短大、専門学校などで彫刻やデッサンの基礎を学びます。学校を卒業後、プロの彫刻家に弟子入りして経験を積むのが一般的です。

また、学生中や修行中にコンクールに作品を応募して受賞を狙います。

彫刻家として独立するには、十分な修行を積んだ後、公募展で入賞し、美術団体の会員からはじめます。その後、美術団体の展覧会で作品を出展して、知名度を高めていきます。

 

給料・収入・年収の目安

彫刻家の給料と収入

よほどの知名度がない限り、彫刻家一本で生計を立てるのは厳しいでしょう。

一般に、美術関連の教師や講師としての授業料が彫刻家の主な収入となります。



彫刻家に関連した職業

彫刻家に関連した職業



<<芸術・創造・執筆関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopの使い方と作り方

50音順で探す
ジャンル別で探す