美容師
職業の内容

美容師とはどんな職業?

美容師とは、シャンプーやカット、パーマ、カラーリング、ブローなどお客さんのヘアスタイルを整える職業です。

カットの技術の修得、最新のヘアスタイルの研究はもちろんのこと、お客さんの要望を素早く把握する能力や、気分よく過ごせるような気配り、豊富な話題も必要になります。

また、一見華やかな仕事に見えますが、一日中立ちっぱなしであるため、体力もいる仕事です。

ヘアメイクのほかに、着物の着付けやメイク、ネイルアートをするところもあります。

 

進路と道のり

美容師になるには?

厚生労働大臣指定の美容師養成学校で学びます。必要な科目を勉強した後、国家試験に合格し、美容師として認められます。

その後、美容室などに就職をしてアシスタントとして修業。アシスタントとしての下積みを経験したのち美容師として本格的にデビューします。

美容室でのアシスタント時代は、タオルの洗濯、床掃除などの雑用とお客さんにシャンプー。閉店後、カットの練習という過酷な日々を送ります。

 

給料・収入・年収の目安

美容師の給料と収入

厚生労働省の調査によると06年の美容師の平均年収は約280万円でした。



美容師に関連した職業

美容師に関連した職業



<<美容・ファッション関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す