パタンナー
職業の内容

パタンナーとはどんな職業?

パタンナーとは、ファッションデザイナーが描いた洋服のデザイン画をもとに、実際の洋服にするための型紙を作る職業です。

具体的には、縫いしろやダーツ(つまみ)などを入れ込んだ型紙を製図します。

デザイン画では見えない角度を計算して補ったり、デザイナーのイメージ通りに着心地まで想像して製図したりする能力やセンスが必要になります。

 

進路と道のり

パタンナーになるには?

服飾系・被服系の大学・短大・専門学校などを卒業したのち、アパレルメーカーやファッションデザイン事務所、デザイナーのアトリエなどに就職し、実際の型紙づくりの経験を積んで一人前になっていきます。

基本的に事務所勤務なりますが、多くのファッションデザイナーから信頼されるベテランパタンナーになれば、独立してフリーで活躍することも可能です。

 

給料・収入・年収の目安

パタンナーの給料と収入

勤務先の給与体系にもよりますが、年収ベースで300〜500万円くらいが相場とされています。



パタンナーに関連した職業

パタンナーに関連した職業



<<美容・ファッション関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す