パフューマー
職業の内容

パフューマーとはどんな職業?

パフューマー(調香師)とは、花・草・動物の分泌物など5,000〜6,000種類以上ある香りの原料の中から、バランスのよいものを組み合わせて香りをつくり出す仕事です。

具体的に、新しい香水を作ったり、石鹸やシャンプーに清潔感を演出する香りを作ったりします。

ちなみに、食品の香りをつくり出す人をフレーバリスト、香水を調合する人をフレグランスデザイナーと呼びます。

 

進路と道のり

パフューマーになるには?

大学や短大、専門学校を卒業後、香料会社、商品の製造会社の開発部門、化粧品会社に就職し、パフューマー(調香師)として活躍します。

就職の際には、薬学系・科学系の大学を卒業したり、薬剤師の資格を持っていると有利に働く場合があります。

 

給料・収入・年収の目安

パフューマーの給料と収入

基本的に勤務先の給料によります。

勤務先の給与形態、パフューマーとしての経験にもよりますが、目安として年収250〜700万円くらいが相場とされています。



パフューマーに関連した職業

パフューマーに関連した職業



<<美容・ファッション関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す