スタイリスト
職業の内容

スタイリストとはどんな職業?

スタイリストとは、テレビ番組や雑誌、広告などで出演者が着る衣装やアクセサリーなどをコーディネートする職業です。

具体的には、撮影のテーマやイメージを制作スタッフと打ち合わせて、撮影の日までに必要な商品をメーカーやショップから借ります。撮影が終了したら元通りにして返却します。

一見、華やかな職業に見えますが、たくさんの衣装や小道具を運ぶので、意外と体力を必要とします。

 

進路と道のり

スタイリストになるには?

服飾系の大学や短大、専門学校などでスタイリングの基礎を学びます。卒業後、スタイリスト事務所などに就職して、アシスタントとして経験を積んだのちスタイリストととして活躍します。

スタイリングのセンスや能力はもちろんのこと、マスコミ関係の人たちと仕事をするため、人とのコミュニケーション能力や責任感も要する仕事です。

 

給料・収入・年収の目安

スタイリストの給料と収入

スタイリストとしてのセンス、経験年数によっても異なりますが、目安として年収200〜500万円くらいが相場となります。

ただし、中には有名芸能人御用達のトップスタイリストもおり、こうした人は年収で数千万円〜1億円稼ぐ場合もあります。



スタイリストに関連した職業

スタイリストに関連した職業



<<美容・ファッション関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す