職業ラボTOPデザイン・デザイナー関係の職業アクセサリーデザイナー
アクセサリーデザイナー
職業の内容

アクセサリーデザイナーとはどんな職業?

アクセサリーデザイナーとは、アクセサリーをデザインする職業の人を言います。

具体的には、頭の中でデザインをイメージし、デッサンを描きます。それから、原型をつくります。アクセサリーデザイナーはデザインが仕事ですが、製作の知識や技術も必要になります。

ちなみに、宝石を使ったアクセサリーデザインをする人をジュエリーデザイナー、ジュエリーコーディネーターと言います。

 

進路と道のり

アクセサリーデザイナーになるには?

美術系の大学、短大もしくは美術・服飾系の専門学校でデザインの基礎を学びます。

卒業後、アクセサリーメーカー、服飾メーカーのアクセサリー部門に入社します。また、フリーのアクセサリーデザイナーのアシスタントとして働きながら、技術を身につける方法もあります。

最近では、ファッションデザイナーやテレビタレントがアクセサリーのデザインをすることもあります。

 

給料・収入・年収の目安

アクセサリーデザイナーの給料と収入

ジュエリーデザイナーの多くは、メーカー勤務となります。したがって、収入はメーカーの給料によります。一般的に平均で年収200〜500万円くらいが相場とされています。



アクセサリーデザイナーに関連した職業

アクセサリーデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す