職業ラボTOPデザイン・デザイナー関係の職業カラーコーディネーター
カラーコーディネーター
職業の内容

カラーコーディネーターとはどんな職業?

カラーコーディネーターとは、色彩に関する専門知識を有する者のことを言います。

具体的には、東京商工会議所が行う「カラーコーディネーター検定試験」に合格した者を指します。

私たちの生活には色があふれており、その効果はファッションからインテリア、印刷物、パンフレット、日常雑貨まで多岐にわたります。

色彩の知識を持つことで、様々な分野でその知識を活用することができます。

 

進路と道のり

カラーコーディネーターになるには?

東京商工会議所が行う「カラーコーディネーター検定試験」に合格する必要があります。

試験は3級、2級、1級に分かれており、色彩の物理学、測色学、生理学、心理学、色彩計画などを学ぶことができます。

カラーコーディネーター検定試験の勉強をすることで、色彩に関する基礎から応用まで身につけることができます。

 

給料・収入・年収の目安

カラーコーディネーターの給料と収入

カラーコーディネーターとして収入を得ることは難しいですが、既存の職業にこの資格を加えることで、いろいろと応用が利きます。

デザイナー関連の仕事、インテリア、建築、ネイルや美容など色彩の知識を必要とする分野は多数あります。特に、デザイナーにとっては色彩の知識は必須ですので、取っておいて損はない資格だと言えます。



カラーコーディネーターに関連した職業

カラーコーディネーターに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す