フラワーデザイナー
職業の内容

フラワーデザイナーとはどんな職業?

フラワーデザイナーとは、生け花を使ってデザインを施す職業の人を言います。

具体的には、生け花を用いてブーケ(花束)やコサージュ、アレンジメントなどのデザイン、室内装飾などを行います。

ファッションデザイナーの活躍の場は広く、イベント、パーティーの演出、結婚式、入学式などの室内装飾、雑誌やCM、テレビ番組などにも使われたりと多岐にわたります。

 

進路と道のり

フラワーデザイナーになるには?

フラワーデザイナー養成スクール(フラワーデザイナー協会公認スクールがおすすめ。詳細は後述)などで基礎を学びます。その後、花屋に勤務してフラワーデザイナーとして活躍します。

また、資格としては日本フラワーデザイナー協会が主催する「フラワーデザイナー資格検定試験」がありますので、こちらの取得をおすすめします。

試験は3級から1級まであり、3級は主催団体の公認スクール入学が前提となりますので、上記の養成スクールは公認スクールであるところを選ぶようにしましょう。

また、花屋や、花に関する仕事の経験を積むと、厚生労働省の「フラワー装飾技能検定」を受けることもできます。余裕がある場合はこちらも取得しておいて損はないでしょう。

 

給料・収入・年収の目安

フラワーデザイナーの給料と収入

花屋勤務の場合、フラワーデザイナーの収入は勤務先の給与体系によります。

目安としては、花屋勤務の場合、初任給が月収10〜15万円程度、経験者で年収200〜400万円程とされています。

その他に、フリーとして独立した場合の収入源は、スクールの講師料、フラワーアレンジメント料となります。スクール講師の相場は、1時間5,000〜10,000万円。ブライダルブーケ1点の制作料は15,000円程度となります。



フラワーデザイナーに関連した職業

フラワーデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す