職業ラボTOPデザイン・デザイナー関係の職業グラフィックデザイナー
グラフィックデザイナー
職業の内容

グラフィックデザイナーとはどんな職業?

グラフィックデザイナーとは、印刷物のデザインを考える仕事です。

具体的には、雑誌や書籍、ポスター、カタログなどに入れるイラストや写真の位置の大きさ、文字の書体や全体の配色などを考えます。

多くのグラフィックデザイナーはアートディレクター、写真家、イラストレーター、コピーライターなどと兼任しているケースが多いようです。

 

進路と道のり

グラフィックデザイナーになるには?

デザイン系・美術系の大学や短大、専門学校でデザインの基礎を学びます。卒業後、広告代理店やデザイン事務所、出版社、新聞社などのデザイン部に所属して経験を積みます。

会社にとどまる人もいますが、ある程度の経験と知名度がついてきたら独立してフリーになります。

 

給料・収入・年収の目安

グラフィックデザイナーの給料と収入

デザイン事務所や代理店、出版社勤務の場合、初任給は月収17〜20万円、経験者で年収300〜1,000万円ほどと言われています。

フリーの場合はピンからキリまでで、年収100万円から数千万円稼ぐ人までいます。

アートディレクターやイラストレーター、コピーライターなどを兼任していると、そちらからの収入もありますので、業界で名が知れればかなりの高収入が期待できます。



グラフィックデザイナーに関連した職業

グラフィックデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す