職業ラボTOPデザイン・デザイナー関係の職業インダストリアルデザイナー
インダストリアルデザイナー
職業の内容

インダストリアルデザイナーとはどんな職業?

インダストリアルデザイナーとは、工業製品のデザインをする職業の人を言います。

工業製品とは、家電製品、自動車、文房具、ゲーム機、医療機器、航空機など私たちの身の回りにある多くもののです。

ちなみにインダストリアルとは「工業の〜、産業の〜」という意味の形容詞です。

インダストリアルデザイナーの具体的な仕事は、製品の持つ特性や機能性を考慮してイメージを起こし、それをデザイン化します。

また、近年では製品のデザインのみならず、生産システムそのものをデザインしたり、環境に考慮したデザインにするなど、その仕事範囲は広がっています。

 

進路と道のり

インダストリアルデザイナーになるには?

工業系、技術系の大学や専門学校で工業デザインを学びます。卒業後は、企業のデザイン部やデザイン事務所に就職して経験を積みます。

インダストリアルデザイナーの特異な部分は、他の制作工程の人と打ち合わせなど接触する機会が多い点です。したがって、デザインはもちろん、他人とうまくやる協調性も必要になります。

 

給料・収入・年収の目安

インダストリアルデザイナーの給料と収入

インダストリアルデザイナーの多くは企業やデザイン事務所に勤務するケースですので、収入は勤務先の給料によります。

目安としては、大卒初任給で月収20万円、経験者で350〜600万円くらいです。



インダストリアルデザイナーに関連した職業

インダストリアルデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す