空間デザイナー
職業の内容

空間デザイナーとはどんな職業?

空間デザイナーとは、室内、室外を問わず空間をデザインする職業の人を言います。

具体的には、公園に置く美術作品のレイアウトを考えたり、駅前広場などのデザインを担当したり、美術展の展示方法、デパート・レストランなどのインテリアや演出などその活動は多岐にわたります。

 

進路と道のり

空間デザイナーになるには?

美術系・建築系・工学系または舞台美術系の大学や短大、専門学校で空間デザインの基礎を学びます。

卒業後、デザイン事務所、企業のデザイン部署などに就職して実務経験を積んで一人前になります。

空間デザイナーの手がける分野は幅広いため、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、建築家などが併用して空間デザイナーを行う場合もあります。

 

給料・収入・年収の目安

空間デザイナーの給料と収入

空間デザイナーの収入は勤務する会社の給料によります。

勤務先の給与体系によりますが、新卒で月収20万円、経験者の場合年収で300〜750万円くらいが相場とされています。

また、建築士やインテリアプランナーとの併業で収入はさらに増える場合があります。



空間デザイナーに関連した職業

空間デザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す