ネイルアーティスト
職業の内容

ネイルアーティストとはどんな職業?

ネイルアーティストとは、お客さんのつめの手入れ及びネイルアートを施す職業の人を言います。

具体的には、ヤスリで爪の形を整えて、欠けているところを修繕します。その後、マニキュアやコーティング、つけつめなどをし、要望によっては絵などのデザインを施します。

単に、ネイルアートを施すだけでなく、お客さんの好みやその日のファッションに合わせたきめの細かいサービスが必要になります。

 

進路と道のり

ネイルアーティストになるには?

ネイルサロンに就職して修行する方法と、ネイルアートスクールで学んでからサロンに就職する方法があります。時間的に余裕があるのであれば、スクールでしっかりと技術の基礎を学んだほうが良いでしょう。

また、資格として日本ネイリスト協会が主催する「ネイリスト技能検定」というものがあります。ネイリスト技能検定は3級から1級まであり、筆記と実技試験で構成されています。

ネイリスト検定では、ネイルケアやカラーリングなど基礎から応用まで学ぶことができます。ネイリスト検定を受講し資格を取ることで、ネイルアーティストとしての基礎や応用が体系的に身につきます。

 

給料・収入・年収の目安

ネイルアーティストの給料と収入

勤務先の賃金形態にもよりますが、サロン勤務の場合初任給で15〜20万円、アルバイトですと自給700〜800円くらいが相場とされています。

また、近年ではネイルアーティストの活躍の場が増え、サロン以外にも美容室、エステティックサロン、結婚式場など就職機会は増えています。



ネイルアーティストに関連した職業

ネイルアーティストに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す