パッケージデザイナー
職業の内容

パッケージデザイナーとはどんな職業?

パッケージデザイナーとは、お菓子や商品などのパッケージをデザインする職業の人を言います。

お菓子やおもちゃなどの商品はパッケージによって売り上げが大きく左右されます。したがって、いかにユニークで機能的なパッケージにするかが決め手になります。こうした、売れるパッケージのデザインを考えるのがパッケージデザイナーの役目です。

 

進路と道のり

パッケージデザイナーになるには?

美術系の大学や短大、専門学校などでデザインの基礎を学びます。卒業後、デザイン事務所やメーカーの企画・開発部門に配属されてパッケージデザイナーとして活躍します。

パッケージデザイナーに求められるのは、デザインのみならずユニークな発想や遊び心が必要です。また、商品を売れるようにするためにはマーケティングの知識や研究も必要です。

パッケージデザイナーとして活躍するには、そうした、周辺知識を常日頃から身につけておく必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

パッケージデザイナーの給料と収入

パッケージデザイナーは企業に勤める場合が多いので、収入は勤務先の給与体系によります。

目安として、初任給で月収20万円程度、経験者で年収300〜600万円ほどが相場とされています。



パッケージデザイナーに関連した職業

パッケージデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す