照明デザイナー
職業の内容

照明デザイナーとはどんな職業?

照明デザイナーとは、照明に関する知識を用いて特殊な空間を光で演出する職業のことを言います。

照明デザイナーの仕事は大きく分けて二つ。建物や室内に光を照らすプランを考える仕事と、照明器具をデザインする仕事です。

具体的には、高層ビルやタワー、公園や橋、寺院などを美しくライトアップして演出したりします。また、照明器具のデザインはインテリアデザイナーが行うこともあります。

 

進路と道のり

照明デザイナーになるには?

美術系・技術系の大学や短大、専門学校で基礎を学びます。卒業後、照明デザイン事務所や照明器具のメーカーのデザイン部署に就職してデザインのノウハウを学びます。

照明デザイナーのしごとは、空間や室内プラン、インテリアを扱うことから、インテリアデザイナー、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、空間デザイナー、カラーコーディネーター、ウインドーディスプレイデザイナー、建築士といった周辺職業と関連があり、こうした周辺知識を得ればさらなる活躍が期待できます。

 

給料・収入・年収の目安

照明デザイナーの給料と収入

照明デザイナーの収入は勤務先の給料によります。

勤務先の給与状況によって異なりますが、目安として初任給17〜20万円、経験者で年収300〜700万円あたりが相場といえます。

また、建築士やインテリアデザイナーなどを兼任した場合、さらなる稼ぎも期待できます。



照明デザイナーに関連した職業

照明デザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す