職業ラボTOPデザイン・デザイナー関係の職業テキスタイルデザイナー
テキスタイルデザイナー
職業の内容

テキスタイルデザイナーとはどんな職業?

テキスタイルとは、生地のことを言います。つまり、テキスタイルデザイナーとは、生地の素材を決め、色や柄、染め方から織り方のパターンを考える仕事のことです。

テキスタイルデザイナーはデザイン能力から色彩感覚が要求される仕事で、洋服からカーテン、カーペットまで扱うものは多岐にわたります。

 

進路と道のり

テキスタイルデザイナーになるには?

美術系・デザイン系の大学や短大、専門学校で工芸や染色、デザインの基礎を学びます。その後、紡績メーカーや生地メーカー、アパレルメーカーなどに就職して実際に経験を積みます。

テキスタイルデザイナーには高い色彩感覚も要求されるので、学生時代などにカラーコーディネーターの資格も取得しておくと効果的かもしれません。

実力が認められれば独立してフリーになることも可能です。

 

給料・収入・年収の目安

テキスタイルデザイナーの給料と収入

テキスタイルデザイナーの多くは紡績、生地、アパレルメーカーに勤務していますので、収入は勤務先の給料によります。

一般的に、新入社員の月収は15〜20万円、30歳前後の経験者で300〜400万円くらいが相場とされています。



テキスタイルデザイナーに関連した職業

テキスタイルデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す