職業ラボTOPデザイン・デザイナー関係の職業ウインドーディスプレイデザイナー
ウインドーディスプレイデザイナー
職業の内容

ウインドーディスプレイデザイナーとはどんな職業?

ウインドーディスプレイデザイナーとは、商品をショーウインドーに魅力的に飾る職業の人を言います。

ショーウインドーはお店の顔ともいえ、売り上げにも大きく影響してきます。そうした、スペースを効果的に演出するのがウインドーディスプレイデザイナーの役割です。

具体的には、背景の色や照明、美術道具、マネキンの場合着せる服や小物などをディスプレイしていきます。

通常、お客さんのいないときに行うので、店の定休日や閉店後に作業を行います。

 

進路と道のり

ウインドーディスプレイデザイナーになるには?

美術系の専門学校や大学などでデザインの基礎を学びます。卒業後、デザイン事務所やメーカーの企画・開発部門、デザイン部門などに就職します。

ただし、メーカーに就職した場合、希望のデザイン部門や企画開発部門に配属されるかは分かりません。

ウインドーディスプレイデザイナーは展示スペースのデッサン、セット作り、照明の知識など学ぶべきことが多い職業といえます。同様に、インテリアプランナーやカラーコーディネーターなど周辺資格を取得することで、知識の幅が増えます。

 

給料・収入・年収の目安

ウインドーディスプレイデザイナーの給料と収入

多くのウインドーディスプレイデザイナーは、デザイン事務所やメーカーに勤務しているため、収入は勤務先の給料によります。

勤務先の条件にもよりますが、初任給で20万円前後、経験者で300〜600万円くらいが相場といえます。



ウインドーディスプレイデザイナーに関連した職業

ウインドーディスプレイデザイナーに関連した職業



<<デザイン・デザイナー関係の職業TOPへ戻る

イラストレーター,Photoshopのチュートリアル

50音順で探す
ジャンル別で探す