職業ラボTOP芸能・マスコミ関係の職業カメラマン(映像)
カメラマン(映像)
職業の内容

カメラマン(映像)とはどんな職業?

カメラマンは大きく分けてカメラマン(映像)とカメラマン(写真)に分かれます。

カメラマン(映像)とは映画やテレビの制作現場で映像をフィルムやビデオに収める仕事です。カメラマン(映像)はさらに、映画カメラマンとテレビカメラマンに分かれます。

映画カメラマンの場合、フイルムの特性をよく理解し、作品によっては芸術的センスが要求されます。

テレビカメラマンの場合、ドラマ、スポーツ、バラエティ番組など番組によって特性が異なるため、各カメラマンは自分が得意とする分野を持っています。

ちなみに、グラフィックカメラマン(写真)とは、ポスターやパンフレット、雑誌や新聞などに掲載する写真を撮影する職業です。

 

進路と道のり

カメラマン(映像)になるには?

映像学科のある大学や短大、専門学校で学び、卒業後、番組製作会社や撮影プロダクションに就職します。そこでアシスタントとして数年経験を積み、プロのカメラマンとして活躍します。

また、有名な撮影監督やフリーカメラマンに弟子入りして修行する方法もあります。

 

給料・収入・年収の目安

カメラマン(映像)の給料と収入

カメラマンの給料は勤務先の製作会社や撮影プロダクションの給料によります。



カメラマン(映像)に関連した職業

カメラマン(映像)に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す