職業ラボTOP芸能・マスコミ関係の職業カメラマン(写真)
カメラマン(写真)
職業の内容

カメラマン(写真)とはどんな職業?

カメラマン(写真)とは、ポスターやパンフレット、雑誌や新聞などの写真を撮影する職業の人のことを言います。グラフィックカメラマンと言われたりします。

具体的には、出版社や編集プロダクションから撮影を依頼されテーマに沿った写真を撮り、提出します。また、自らの作品を直接出版社などに売り込む場合もあります。

 

進路と道のり

カメラマン(写真)になるには?

写真学科のある大学や短大、専門学校などで基礎を学びます。卒業後、新聞社、出版社などの写真部や撮影スタジオに就職してアシスタントとして経験を積みます。

また、有名な写真家に弟子入りして修行する場合もあります。

実力がついて、業界的に認められればフリーとして活躍することもできます。

 

給料・収入・年収の目安

カメラマン(写真)の給料と収入

出版社や撮影スタジオに勤務している場合は、収入は勤務先の給料によります。

フリーの場合、商品カタログやモデルの撮影、雑誌撮影、卒業式や入学式などの撮影が主な収入源になります。正式な収入の公表がないため正確な値はわかりませんが、平均して年収200〜600万円くらいが相場とされています。



カメラマン(写真)に関連した職業

カメラマン(写真)に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す