ダンサー
職業の内容

ダンサーとはどんな職業?

ダンサーとは、ダンスを職業としている人のことを言います。

ダンスにはバレエからクラシック、ストリートまでいろいろな種類があり、それぞれの基本ポーズやステップなどの技法をマスターして、ステージの演出に応えます。

具体的には、ミュージカルやイベントでのメインダンサー、テレビ番組やライブでのバックダンサーなどがあります。

 

進路と道のり

ダンサーになるには?

独学でもダンサーになることは可能ですが、ダンススクールやバレエ学校で基礎を学んだほうが近道です。

卒業後は、ダンススタジオや劇団に所属し、オーディションに応募します。基本的には、各オーディションごとに仕事がもらえる方式で、オーディションでの毎回の合格が必要になります。

また、クラシック系であればミュージカル劇団に所属するのも一つの手です。

 

給料・収入・年収の目安

ダンサーの給料と収入

ダンサーの主な収入源は、ダンスインストラクターやイベントなどの出演料となります。正式な発表はありませんが、ダンサー1本で生活するのはかなり厳しいといえます。



ダンサーに関連した職業

ダンサーに関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す